雲の王国 Mussoorie

b0277561_03265936.jpg
デリーから気軽に行ける距離で、インド人にも人気の観光地。




●Mussoorie(マス―リー)はここにある


b0277561_03272697.jpg
ハリドワールやリシケシュよりもう少し北の山の中にあります。


Mussoorieという名前がなんかカワイイ。
Googlemapでは「マッソーリー」、地球の歩き方では「ムスーリー」と書かれているけど、
発音は「マスーリー」が正しいと思います。


●デリーからMussoorieの行き方

デリーからMussoorieは300kmほどの距離。

デリーから出ている電車やバスは、どれもMussoorieより手前の「Dehradun(デラドゥン)」までしか行かないので、
Dehradun⇔Mussoorie間は、小さなバス(予約不要)に乗り替えて、1時間~1時間半ほど、山道を進む必要がある。

b0277561_03272615.jpg

デリーからデラドゥンは…
・飛行機
所要時間1時間、朝から晩まで色々な航空会社が飛ばしているので、土日のちょっとした旅行にも良さそう。
安い時は片道2000ルピー(3500円)以下、高くても5000ルピー(8600円)くらい。


・電車
所要時間6時間~、 料金片道215ルピー(370円)~。
早朝初もあるし、夜行列車もある。


・バス
所要時間7時間~? 料金片道300ルピー(500円)~。
バスはちょうどいい時間の夜行便がないかもしれません。
帰りは昼間のバスを利用しました(あらかじめ予約した)が、アホみたいな渋滞に巻き込まれたりして、到着が予定より2時間遅れ。
でもなんだか大きな大きな公園のようなところを通ったりして、眺めがなかなか良かったです。
b0277561_03271626.jpg

b0277561_03271609.jpg



DehradunからMussoorieは…
バス乗り場はDehradunの駅のすぐ近くにあります。
Mussoorieの駅を出て、「マスーリー行きのバス」とその辺の人に訊けばすぐそこに見つかる。
ほんとにすぐそこなので、オートリキシャの人が寄ってきても無視したほうがいいです

b0277561_03270159.jpg
デラドゥン駅。




b0277561_03270264.jpg
デラドゥンからMussoorieまでのミニバス用のチケットを買うカウンター。


カウンターでチケットを買う必要あり。
座席指定される。
『ウィンドウサイド』とか、ヒンディー語だと『キルキーワーラー』と言うと、窓際にしてくれるかも。

朝5時から、夜19時ごろまで、30分おきに運行しているみたいなので 夜行列車で早朝着いても大丈夫!

バスに乗れなくても、相乗りタクシーとか、きっと何らかの方法があるので大丈夫。笑



b0277561_03271406.jpg


b0277561_03270278.jpg
デラドゥン-マス―リー間のバスは眺めがかなり良し!◎





●夜行列車の予約に失敗。相席のみで、寝れず。

私はデリー→Dehradunまで、電車で行きました。
23:50発のNANDA DEVI EXP
b0277561_03270198.jpg
インドの電車、レトロ感がカワイイの





が、1週間か、2週間前に予約した時には、既に満席で、キャンセル待ちでした。
電車のチケットはネットで簡単に予約できるんだけど、私のチケットのステータスにはずっと「RAC」と表示されていました。

b0277561_13493327.jpg

乗車の
3日前 RAC 41
2日前 RAC 35
1日前 RAC 24

と、着実に繰り上がってはいたんだけど(RAC41は、あと41人キャンセルすれば席が確定されるということ)、
ついに当日になってもRACステータスのままでした。

夜行列車などは長い席が一人1席使えて横になって寝れるんだけど、
RACというステータスの場合は、その長い席を2人でシェアしてね、横にはなれないけど、二人で座れるよ、という席だそう。


もし、それは嫌だなあ、と、多くの人がキャンセルし、当日までに見事数字が繰り上がれば、一人で横になって寝れる。

私は当日になってもRAC18くらいで確定されてしまったので、
シェア相手が何らかの理由で来れないことを祈りましたが、
やはり来てしまった…

しかも向かい合って座るスタイル。けっこう狭いし。眠れず
b0277561_03272751.jpg
この椅子は、下の部分を伸ばして固定すると平らなシングルベッドになるシステム。
足を伸ばせないくらいの距離感。狭い。





途中の駅で降りる人もちょっとだけいたので、相席だった彼は空いたベッドに移動し、
深夜3時ごろ、ようやく横になって眠れたのでした。


b0277561_03272704.jpg
3ACクラスには厚手の毛布やシーツ、枕がついているのだ!



インドの電車に関してのおまけ情報1
遅延が多いインドの列車ですが、乗る駅が始発の列車ならほとんど遅延しません!
(出発してから濃霧が発生してタラタラ、途中で止まっちゃったりして、到着が遅れることはあるかもしれないけど…
殺伐とした駅で、いつ来るかもわからない電車を待ち続けるよりはずっといいかな。
とは言っても最近はネットでリアルタイムトラッキングができるみたいですけど・・)



インドの電車に関してのおまけ情報2
SL(スリーパー)クラスは、安いけど、民度・清潔感・治安の面で無理な人もいる。
私はあのごちゃごちゃ感が好きですけど。窓も開くし。

でもやっぱり、

3ACクラス~はだいぶクオリティが上がって、毛布はつくし、他の乗客も感じもそこそこ安心できる雰囲気。
窓は開かない。埃っぽいインドの空気いやだから、そっちのほうがいいって人もいるかも。

座席横の窓は開かないけど、
各車両の端っこについている乗車口のドアはたぶんいつでも空いているので、
そこで空気を吸ったり煙草を吸ったりもできます。165.png


b0277561_03270060.jpg
乗車口に、フルネーム入りの予約一覧表が貼りだされるので、確認して安心して乗れる。



●泊まったホテル


Hotel Natraj Palace
1泊1部屋500ルピー(860円)。
b0277561_03271522.jpg
この値段帯のホテルのアメニティはだいたい、
石鹸とトイレットペーパー、バスタオルのみ。





安かろう悪かろう。 スタッフがいちいち部屋をノックしてきて「チャイのむ?」「晩御飯は?」などと確認してきてううるさい!
外国人と絡みたがり、とかではなく、単純にいろいろ段取り悪くて何回もくる感じ。

でも、シャワーからアッツアツのお湯151.png  がでるところは良い。
部屋には窓がついてないけど、フロント横のテラスからの眺めは良い。
(1000ルピーの部屋には窓がついている)

b0277561_03270046.jpg


タオルは汚くてボロボロの穴あき、部屋はなんだか湿っぽい、ので、潔癖の人は無理かも。
私はボロボロタオルでも、洗濯した感があって乾いてればOKなほう。布団の汚さも気にならないほう。

b0277561_01180897.jpg



もっと汚い話をすると、シャワー使ってないのにお風呂場の排水口に髪の毛がたまっている、つまり前に泊まった人の髪の毛がそのまま残されていたんだけど、
私は「あ。」とは思うけど大丈夫なほう。

レストランで注文したミルクコーヒーにハエが溺れてて、「あ。」って思うけど、ティッシュでハエを救出すれば、引き続き、そのコーヒー飲めるタイプ。
b0277561_03272757.jpg
インドのハエはでかい。

バックパッカー向きの身体だ!と思いました。



●Mussoorieの観光


素敵な風景を見下ろしながらの街歩き、そして、ロープウェー、、、 のみ?
とにかく、1日~2日にとてもちょうどよい、コンパクトな避暑地なのでした。


b0277561_03262448.jpg
朝ついたバスからホテルまでの道中、
大好きな揚げ物(ブレッドパコラ)を朝ごはんに。





ロープウェー乗り場はメイン通り沿いにあるのですぐ見つかる。
ホテルからも近かったです。

30分くらい並びそうな列だったけど、
シングルライダーなので優先されてすぐに乗れました。109.png



ロープウェーで上った丘の上の広場では、軽食やチャイ、コーヒーなどを出しているレストランはありました。
アルコールがないのが残念。

b0277561_03262543.jpg
霧の中の奇妙な公園。
この人形と一緒に写真を撮るには、
1回20ルピーを納めなければならないらしい。



b0277561_03272727.jpg
30ルピーで伝統衣裳コスプレもできる



b0277561_03272778.jpg
たまーに雲が晴れて絶景が現れる!

写真屋さんが、絶好の撮影ポイントで、1枚10ルピーでシャッターを押してくれた。
ついでに一眼レフの使い方も教わった◎




●服

やはり雨が降ると寒い!少しばかり涼しいとは予想してたけど、涼しい予想を通り越して、寒い!
避暑地なので坂道多いかなと思ってトレッキングシューズで来てよかった。直前まで悩んでいたビーサンで来てたら、寒すぎて凍えてた。
同じく直前まで悩んでいた、カーディガンも持ってきて良かった。
昼間でも曇っていたら半袖+カーディガン+レインウェア(防水ジャンパー)が、ちょうどいい感じ。
現地の人もセーターとか、ダウンベスト着てました!

しかし!翌朝は小雨降っていたにもかかわらず、半袖でもokなくらい暖かかった。。
たまたま前日が寒かったのか?乗ってきた電車の冷房で身体が冷えたのか?
わからないけど、デリーより涼しい避暑地であることは実感しました。




●気候

昼間で↑のような格好をするくらいなので(かといって夜極寒というわけでもなかったけど)、一日中動けるので良かった。
朝も昼間も日暮れ時も同じように感じました。
夏のバラナシやポンディシェリなどでは、暑すぎて外に居てられない!となってホテルで昼寝パターンが多かったので。

途中雲の中のような濃霧に包まれたり軽く雨が降ったりしたけど、それはそれで楽しめて、
景色がコロコロ変わるので、同じ道を3回くらい往復しても飽きませんでした笑

天気予報ではずーっと雷雨、降水確率70パーセント、のような表示がされていたけど、そんなことはないです。
ゴアの時も同じく。ほとんど晴れだった)
b0277561_03271536.png

雨期後半(8月、9月)は、もっと雨が激しくなって、毎年その辺の山で地滑りやがけ崩れ、増水、バスの転落、のニュースが流れるので
あまり良くないかも。




●シーズン

シーズンは5月~8月、
ミドルシーズンは8月~10月、
11月~はオフシーズンだそうです。


オフシーズンであろう雨季に、あえて山に行って、活き活きした緑や、山にかかる雲の景色を楽しもう!という魂胆だったのですが、
オフシーズンではなかったようです。笑

冬は、デリーでもかなり凍える寒さになるので、
ここは寒すぎたり雪が降って道路が閉鎖されたりしちゃうんじゃないかな(想像)




●酒屋は街中に普通にあった



b0277561_01182003.jpg


b0277561_03270021.jpg
道端のバターコーンをおつまみに。最高




●モデルプラン


1日目
6:00 夜行列車がデラドゥンに到着。
6:30 ミニバスでデラドゥン発。
8:00 ミニバスがマス―リー着。
9:00 ぶらぶら歩きながらホテルへ向かい、チェックイン。

~13:00 ホテルで昼寝。
14:00 ランチ。
霧(雲?)が凄かったので、何も見えず。
ホテルに戻ろうとしたら、晴れてきたので、引き返して、ロープウェーで山頂へ。

18:00頃 ホテルにもどる。

2日目
10:00- ホテルでる。
10:50- バス、マス―リー発
12:30- バス、デラドゥン着
(バス乗換、待ち時間)
13:30- バス、デラドゥン発 (とは言っても、発車してすぐ渋滞したりガソリンスタンドでグダグダしていた)

15:00頃、 アホみたいな渋滞にはまる
18:00頃、軽食休憩。
22:00頃、デリーのバススタンド(カシミーリーゲート)着。
デリーメトロにて帰宅。


そんな感じで帰りは丸一日かかってしまったのでした。

しかし、私が乗った電車は600ルピー(1000円)、  バスは520ルピー(900円)、
300km を往復移動してこの値段は安いのでは?






176.pngおまけ176.png

b0277561_03270085.jpg
どこにでもいる牛。




b0277561_03262496.jpg
どこでも寝てしまう野良犬たち 1



b0277561_03262193.jpg
どこでも寝てしまう野良犬たち 2




b0277561_03262114.jpg
野生の猿の親子



b0277561_03271660.jpg
もやもや散歩中に入ったレストランで食べたドーサ。
北インドにわざわざ来て、南インド料理を楽しむ




b0277561_03262580.jpg
コロコロ変わる空模様に、何度もシャッターを切ってしまう!



おわり

[PR]
by e_guri | 2017-07-15 20:28 | インド旅行 | Comments(0)