ラージャスタン・ぼっちバス紀行2 ジャイサルメールからジョードプル

前回: ぼっちバス ジャイサルメール からのつづき
b0277561_02592468.jpg
街の建物が青く染められているので「ブルーシティ」で有名、なジョードプルへ!018.gif018.gif018.gif

b0277561_01112773.jpg
画像をクリックすると拡大します


1.ジャイサルメールからジョードプルへのバスでの行き方

ジャイサルメール → (6時間)ジョードプル

Rs.250~300 (イスの席が250、ベッドが300)

バススタンドから、確か30分おきにバスがでています。私は昼の13時頃、乗りました。
バススタンドの場所は、お城から徒歩10分ほど。「ジョードプルに行くバススタンド」と言いながら歩いていれば
皆教えてくれます。

13時頃 バス発
19時頃 ジョードプル着

2.街の情報
<GOPAL GUEST HOUSE:ゴパールゲストハウス>
phone +91291-2615269/369

二人部屋で300ルピー。
ジャイサルメールの韓国人宿で出会った旅人おすすめの宿なので、やはり韓国人が多かった。
でも看板にでかでかと日本語で「地球の歩き方掲載」のような事が書かれていたので日本人にも有名なのでしょう。
私の他にも日本人が一人だけ泊まっていたので一緒に飲んでいい思い出ができました。
部屋は清潔で、オーナーも英語が上手、フレンドリーで安心感がありました。
ここも城が近くて屋上からの眺めはいいけど、丘の上の城に行くのはちょっと大変。
その分、時計台などにも行きやすいので街歩きには最適な場所だと思います。
夜遅い時間でなければほっとシャワーも問題なく使えました。

b0277561_02591689.jpg

<ヒルビューゲストハウス>や、<ブルーゲストハウス>も評判が良いようです。
ジョードプルのこの辺の宿は、Booking.comなどで見つからなかったので予約なしで直接向かいました。
いくつか候補を決めておけばなんとかなりそう。

ジョードプルもそれほど寒くなく、夜はパーカー羽織って屋上で飲める感じ。
手洗いの洗濯物も問題なしでした。
b0277561_02591701.jpg

<観光>
Mehrangarh Fort
外国人 オーディオガイド付き Rs.500 ?
インド在住者(PAN card) Rs.160

ランチやビール、オートリキシャなど total Rs.1300 くらい(2泊滞在)


Mehrangarh Fort(ジョードプルの城)は、ジャイサルメール城に比べると、とても小さく、博物館もまあまあでした。
ただ、城の敷地を奥まで進むと砲台が沢山並んでいて、そこからはブルーシティを一望できたりと、面白かったです。

ジョードプルはワンピースのアラバスタ編のモデルになったと言われていて、犬の形をした銃?が話題になっているようですがそれはこの城の中の博物館の中に一つだけあります。

b0277561_02591706.jpg

この城もやはり小高い丘の上になるので、サンライズもサンセットもここがお勧めらしい。
知り合いが城に日の出を見に行く途中に犬に噛まれました。(!)
一緒に病院に行ったけど、狂犬病ワクチンは、なんとタダだって!
10回石鹸で繰り替えし洗えとアドバイスされていました。

朝の犬は気性が荒くて怖いのだと、初めて気づきました。
私もジャイサルメールで犬の集団に襲われたばかりだし…皆様もお気を付けください。
インド人を見ていると、どうやら、棒やペットボトルを持って強気に追い払えば大丈夫みたいです。035.gif

時計台
こちらもワンピースに出てくるらしい。朝の10時〜夜6時頃は中に入る事ができ、街を一望できるようです。入場料は確か50ルピーしないくらいの値段だったと思います。
私は行くのが遅すぎて中には入れなかったけど、外から眺めているだけでも満足しました。時計台のある広場って、素敵だなあ〜。としみじみ。
b0277561_02592448.jpg

他にはいつくかの城くらいしか無かったと思います。

ジョードプルを離れる時、今までの一人旅では感じたことのないセンチメンタルな気分になりました。(ハンピ以来?でもちょっと違う。)
それほど街を気に入ったわけでもないんだけど…

今までの一人旅は、友達ができなくてずっと一人だったんだけど、ここでは色々な人との素敵な出会いがあったからだと思います。
今回は、今まで避けてきた「日本人宿」に積極的に泊まるようにしたから、沢山の出会いがありました。

センチメンタルになりながらも、次の街ではどんな出会いがあるんだろうとワクワクしながらバスに揺られ、ああ、今、ものすごく「旅」しているなあ、と感じたのでした006.gif


次はプシュカルへ つづく!


by e_guri | 2016-01-02 02:58 | 旅行 | Comments(0)