ラージャスタン・ぼっちバス紀行1 デリーからビカネール&ジャイサルメール

b0277561_01112675.jpg

ラージャスタンを10日くらいでバスで回りました。
デリースタートで、砂漠の街ジャイサルメールでラクダに乗るのが目標!
b0277561_01112688.jpg
ここがラージャスタンだ!
インドの西の砂漠地帯。




b0277561_01112773.jpg


1.デリーからジャイサルメールへのバスでの行き方

直行のバスがあるのかは分かりません。


デリー →(9時間) ビカネール → (6時間)ジャイサルメール   又は
デリー →(13時間) ジョードプル → (6時間)ジャイサルメール

になると思います。
デリーからの長距離は夜行バスがオススメです。
デリー → ビカネール Rs.600(夜行) + 
ビカネール → ジャイサルメール Rs.300 でした。

デリーには沢山のバス停や旅行会社があり、どのバスを予約したかで集合場所が変わります…
ネット予約の<redBus>と、ビカネールにある<Rathore Toravels>を使いました。
(Rathore Travelsのおじさんは半分ヒンディー語なのでちょっと難しい)

<Redbus>の予約についてと、夜行バスについてはこちらにも書いています。。 

23時 デリー発
翌9時? ビカネール着
〜14時頃まで Fort観光とランチ
15時 ビカネール着
22時 ジャイサルメール着 (〜2泊)

b0277561_04073845.jpg



2.街の情報
★ビカネール
宿泊していないのでホテル情報は無し。

<観光>
Jungarh Fort Rs.200 (音声ガイド付き Rs.350) 日本語もあったかなぁ、、
ランチ Rs.500くらい (Fortの目の前のレストラン)

街は汚いし城は微妙(もはや記憶にすらあまり無い)…
40分くらいバスに乗って南下すると、ネズミを崇めている珍しい寺(Karni Mata Temple)があるようですが…
時間が無かったのとネットで調べた写真が魅力的でなかったためパスしました。
b0277561_17132144.jpg

ビカネールはあまりメジャーな観光地ではないらしく、明らかに観光客だと見てとれる外人は1人しか見かけなかった。
看板も英語が少なかったと思います。

b0277561_01112646.jpg
ビカネールのJungarh Fort



★ジャイサルメール

<ホテルタイタニック>
電話番号+919414760047

韓国人宿。たまに日本人もいるらしい。
オーナーのPoluさんが韓国語ペラペラ、日本語もちょっとだけ知っています。
2人部屋でRs.300でした。
ネットで評判が良かったので期待しましたが、あまり清潔では無かったしコンセントが壊れていたりしました。
が、300ルピーなのでそんなもんだと思います。
アメニティはタオルのみでしたが、ホットシャワーも使えて満足。
b0277561_01115113.jpg

屋上の韓国人シェフによるレストランが美味しい。300ルピーくらい〜、豚肉を使用した韓国料理が食べれる!
城から近く、屋上からの眺めは最高です!
ホテルのみんなと、オーナーと一緒にキャメルサファリに行けるので、とても楽でした。
色々な面でおすすめしたい宿でした。booking.comで予約可です。

b0277561_01115009.jpg

ちなみにジャイサルメールで人気の<TOKYOPALACE>はネット予約しようとしたら満室だったのですが、
その後知り合った日本人の話によると、ネットで満室と書かれていても、実は部屋が空いていることもあるみたいですよ!
キャメルサファリに申し込む前提で、メール問い合わせしてみるのもアリだと思います。

<観光>
Fort Rs.400(日本語オーディオガイド込みの料金)
ごはんやリキシャ代トータル Rs.1000くらい(2泊しています。)

半日キャメルサファリ Rs.1000(たぶんコレはちょっと高い)

キャメルサファリは、ホテルに滞在していた韓国人観光客と、他のインド人家族(観光客)と一緒に行きました。
一人でガイドと一緒に砂漠を彷徨うのが怖かったので、沢山の人たちと一緒に行けて良かった。

ちなみにサム砂漠?という、割と近場のところに行ったので、観光客うじゃうじゃ、砂漠は足跡だらけ、
一人で行っても全く問題ない感じでした。
どうせ砂漠で自由時間が沢山あるので一人で行く必要もないかなと思いますが…

ラクダには10分くらいしか乗ってないし、イメージしていたキャメルサファリとは違かったけど、初めての砂漠体験には
まあまあ良かったかなと満足しています。

ラクダに乗った感想は、ロデオマシーンのようで腹筋が疲れました。あのような砂漠であれば、10分で充分だったと思います!

b0277561_01115111.jpg
初めて砂漠の砂を触った時、こうして「ちょっと砂漠でも行ってみるか〜!」と、好きなところに気軽に行くことのできる自分は本当に幸せ者だなあと感じました。
日本に生まれてよかった!

☆半日キャメルサファリ
昼の15時頃 出発 →ジープで大移動
1時間ほどで砂漠へ到着
10分ほどラクダに乗ってちょっとだけ移動
日が沈むまで砂漠で自由時間(1、2時間程)
→砂漠の踊り子や民族音楽の、ラージャスタンのショーを見せられる(ご飯付き、まあまあ面白かった)
 ★別料金でビールも購入可
21時頃 砂漠を後にして、ホテルへ。

という、半日ツアーでした。

日焼けが気になるので長袖のシャツとスカーフ、普通のスニーカーで行きました。
スニーカーの中身が砂だらけになったので。。。途中から裸足でキャッキャしてました。
水を持っていったけど、そこは完全に観光地なのでお店も少し出ていて、何でも買える感じでした。

b0277561_01115049.jpg
そういえば、砂漠の夜は寒いと聞いていたので、厚手のフリースだけ持っていきました。
1泊するならもっと防寒着が必要かも。
このくらいのツアーなら厚手のパーカーくらいで大丈夫だと思います。

ホテルの部屋に入ってしまえばそれほど寒くなく、手洗いの洗濯物も部屋干しで1晩でだいたい乾きました!
昼間は、これで真冬ですか!?というくらい、日差しが強く、夏に来るなんて信じられないほど、日向は暑かったです。


ジャイサルメール城は、城の敷地内が一つの街のようになっていて、予想外に面白いところでした。
3回くらい行きました。
砂色の街に登る朝日は奇麗だったけど(あの砂漠の向こうがパキスタンかあ…なんて思いながら眺めていました)、
まだ暗いうちに道を歩いていたら数匹の犬に襲われました。
近くにいたおじさんが追い払ってくれたけど。
「犬から逃げるな」とアドバイスを頂きました。

インドに住んで数ヶ月にして初めての体験、ほんと怖かったけど噛まれなくて良かった。。

落ち着いていて、かつ観光地化されているので、外国人にとって、とても居心地のよい街でした045.gif
b0277561_01115036.jpg

次はジョードプルへ つづく!079.gif

[PR]
by e_guri | 2016-01-01 14:11 | インド旅行 | Comments(0)