ハリドワール 2泊1日旅行? 盛大なお祈りを見学編

b0277561_20365859.jpg



朝日と、夕日と夜のお祈りが見学できれば満足だった。

そういえば早朝にカレー食べてから何も食べてないや。
ということで食堂でドーサをほおばりました。
あまりお腹ペコペコでもなかったけど、数時間後にバス乗るので空腹はよくないかなと。。
b0277561_20372134.jpg
ドーサは南インドの料理で、カレー味のジャガイモを包んだクレープをちぎりながらカレーやココナッツスープ?に付けながら食べる。











そしてお目当ての、お祈り(プージャ)見学。

お祈りの前に、
ガンジス河をきれいにしようー
ガンジス河を守ろうー
といって係員が盛大に募金活動している間に、気がついたら真暗になって、

b0277561_20363623.jpg
b0277561_20364020.jpg

いよいよプージャーが始まるころには、俺が俺が俺が!!のインド人達に負けて、もう写真を撮れる状況ではなかった・・・
b0277561_20364883.jpg




隙間から除いた感じ、バラナシのプージャの方がやっぱいい感じ。
b0277561_20365377.jpg



もう見るもんもなくなったので階段に座ってひたすら流れの速いガンジス河を眺めておりました。
不思議なもので、これがほんとうに神聖に見えてきました。
b0277561_20370271.jpg


河を見ているとまた変なインド人が近づいてきて、おでこに赤い液体をつけようとしてくる。そして寄付を求めてくる。
b0277561_20394004.jpg



おちついて川も眺めていられないので、コーヒーデイでひとやすみ。


コーヒーデイはインドのスタバ…というよりドトールのようなチェーン店で、1杯のチャイが路上の10倍の値段するけど(100ルピー=200円弱)、どこにでもある安心感のある喫茶店なのです。

コーヒーデイがあってよかった…



心から安心している自分がいて、
あ、デリーに数か月住んで、私はすっかり(インドの)都会に染まってしまったんだな、って気づきました。


アグラで学生をしていた頃は、毎日のように5ルピーの路上チャイを飲んでいて、コーヒーデイは1か月に1、2回の贅沢な楽しみだったというのに。



店員さんに帰りのデリー行バスの乗り場を聞くと、紙に丁寧に英語とヒンディー語でそのバススタンドの名前を書き、バルコニーから道を指差しながら丁寧に教えてくれた。


もしその紙の裏側に彼の電話番号が書かれていたら、喜んで連絡を取りたいな。彼と結婚したら毎日一緒にガンジス河で沐浴するのかな?と妄想を膨らませてしまうほどイケメンで、
紙の裏側をこっそり確認したけど何も書かれていなかった。 



そのあとまた川をずっと眺めてた。
気が済むまでそこに座っていられるのが、一人旅のいいところだなあ。









b0277561_20370793.jpg
踊るインド人




つづく

[PR]
by e_guri | 2015-09-27 02:28 | インド旅行 | Comments(0)