ハリドワール 2泊1日旅行? 出発編

b0277561_02292351.jpg


ガンジス河の上流、ヒンドゥー教の聖地・ハリドワールに行きました。
夜行バスで早朝着いて、その日の夜に夜行バスで帰るという強硬手段に出たため「2泊1日旅行?」です。

人気観光地であるヨガの聖地「リシケシュ」もデリーから気軽に行けるけど、リシケシュのそばにあるハリドワールはあまり観光地化されておらずローカルな雰囲気。という情報があったのでとても興味がわきました。


デリーからバスで6時間。くらい。


バスの旅行はとっても冒険感があって楽しい。



まずバスの乗り場がまったくわからない。

「xx駅の向かい、△番地」くらいしか情報がなく、
とりあえずxx駅で降りて、その辺の人に△番地はどこかと聞くところから始まる。

そしてだいたいテキトーな答えが返ってくるので何人かに聞く。

今回も2人に聞いたら2人とも全く逆の方向を案内してくれて笑いました。



そうこうしているとリュックを背負った親子に、「あなもしかしてシムラに行くの?」と突然聞かれたり。
彼らは私を助けようとしてくれたのではなく、彼らもバスを探していたのです。
そうやってみんな、色んな人に聞き込みながら探していくんだな、って安心します。



そしてだいたいなんとかなるのがインド。


ちゃんと、何も目印のない道端に停まっているバスが見つかりました。
そしてだいたい出発予定時間少し過ぎくらいをピークに、人が乗り込んでくる。
結局20分遅れで出発。




今回は、前回のハンピの失敗を活かしてちゃんと一人席です。

でも窓側のカーテンがついてなくて街頭がまぶしい。
b0277561_02293681.jpg

そんな時に薄手のカーディガンがとても便利だと発見しました。
こうして使うと、アイマスク+マスク代わりになります!!058.gif
b0277561_02285977.jpg




朝日を見たかったので、朝5時着くらいのバスを選んだんだけど、まさかの朝4時頃になにもない工業地帯??のようなところで降ろされる。
全然寝れなかった…


真暗で何もない道端に降ろされたけど、リキシャわーらが何人か待機していたので、夜行バスがよく停まるポイントなんだろうな。

b0277561_02294532.jpg
*リキシャわーら:オートリキシャー(三輪タクシー)やサイクルリキシャー(人力車の自転車ver)の運転手のこと。タクシーの運ちゃん。


サイクルリキシャを捕まえて、10分くらい走ったら、ハリドワールの鉄道駅前のちょっと明るい街中に着きました。

ちなみにどこに行ったらいいかわからなかったので
「ごはん、カフェ、ゲストハウス、マーケット」と言いました。

「とりあえず繁華街に行ってください」と伝えたつもりです034.gif




少し涼しくて、あ、北のほうに来たんだな、て思ったけど、
デリーでも朝の4時頃に外に出たことがないので比較できないや笑


その時間に あいているカフェなどもちろん無く、とりあえず営業していたローカルチャイ屋へ。。

仕方がないのでとりあえず朝4時にカレーを食べる…(思い返すと面白い。笑)
b0277561_02295046.jpg


日の出の時間を調べるとあと2時間くらいある。



そして睡眠不足で休みたいので、とりあえず通りに面したホテルのフロントへ…


フロントのおじさんに朝4時に質問攻め

ハリドワールでは何を見たらいい?日の出を見るにはどこがいい?日の出は何時?

…日の出まで、ここで寝ててもいい?




作戦成功しフロントのふかふかのソファをゲット。
少し休ませてもらって、日の出ポイントらしき場所まで歩く。
b0277561_02291838.jpg

いまはiphoneが使えるようになったので(いつでもネットできる)、グーグルマップが使える。超便利。

歩いてるうちに明るくなってきちゃって、とりあえず川についたけど、なんか地味な場所だなーと思って


神聖な川に沐浴しにきたおじさんに、
「ベストなサンライズポイントはどこ?045.gif
と聞くと




おじさん『カニャークマリ





<参考地図:カニャークマリ>
b0277561_02214497.jpg

いや、そういう意味ではなく(笑)



「ハリドワールで、この界隈で、朝日がきれいに見えるのはどこ?045.gif」と聞き直すと








おじさん『ここでは朝日は見れない。





おじさんにとってのサンライズとは、地平線から昇ってくる朝日を指すということか。

むしろ私が間違っていて普通サンライズと言ったらそれを指すのかなあ。



ちがうのにいい028.gif

うまく説明できなかったので諦めて少し川沿いを歩くことにしました。



つづく


[PR]
by e_guri | 2015-09-27 00:16 | インド旅行 | Comments(0)